ふだん着物

日本の伝統衣装、「着物」。
現在の形になったのは平安時代ともいわれています。
しかし、およそ千年にわたり受け継がれてきた着物は、
いまや成人式、結婚式、 その他慶事、
式典などで着用されることが多く、
根強い愛好家はいるものの、
現在では日本の生活に根差したものではなくなっています。

しかし、古来から着物の生地は、
夏は高温多湿、冬は寒冷という日本の気候、風土に適した
まさに日本のための衣装。
その生地の美しい紋様は日本の美意識を象徴するかのように
多種多様な色彩と柄で人々を魅了します。

今こそ、日本の生活に「K I M O N O(ふだん着物) 」を。
伝統を受け継ぎながら現代の生活にも融け込む、
新しい世界を発信していきます。

ふだん着物

日本の伝統衣装、「着物」。
現在の形になったのは平安時代とも
いわれています。
しかし、およそ千年にわたり受け継がれてきた
着物はいまや成人式、結婚式、 その他慶事、
式典などで着用されることが多く、
根強い愛好家はいるものの、
現在では日本の生活に根差したものでは
なくなっています。

しかし、古来から着物の生地は、
夏は高温多湿、冬は寒冷という日本の気候、
風土に適したまさに日本のための衣装。
その生地の美しい紋様は
日本の美意識を象徴するかのように
多種多様な色彩と柄で人々を魅了します。

今こそ、日本の生活に
「K I M O N O (ふだん着物)」を。
伝統を受け継ぎながら現代の
生活にも融け込む、
新しい世界を発信していきます。


300年を紡ぐ絹を現代に

京都丹後で育まれた
create ebaraの着物を、
日本の暮らしに。
より快適に、
より美しく、
よりファッショナブルに、
新しい日本の自由なスタイルに。

京都丹後で育まれた
create ebaraの着物を、
日本の暮らしに。
より快適に、
より美しく、
よりファッショナブルに、
新しい日本の自由なスタイルに。


着物をもっと自由に

明治以降、
洋装が定着したことで徐々に
日本の暮らしから遠ざかっている着物を、
現代の“ ふだん着”に復活させる。
私たちの挑戦はまだ始まったばかりです。
これから、現代の暮らしに溶け込む着物を
新たに発信していきます。
日本古来の美意識、誇りを守りながら、
現代、未来に受け継がれる
まったく新しいKIMONO文化
(ふだん着物)へと進化させる。
それが、create ebaraの使命です。


着物をもっと自由に

明治以降、
洋装が定着したことで徐々に
日本の暮らしから遠ざかっている着物を、
現代の“ ふだん着”に復活させる。
私たちの挑戦はまだ始まったばかりです。
これから、現代の暮らしに溶け込む着物を
新たに発信していきます。
日本古来の美意識、誇りを守りながら、
現代、未来に受け継がれる
まったく新しい
KIMONO文化(ふだん着物)へと進化させる。
それが、create ebaraの使命です。